リゾート施設事業

海外不動産

日本国内の人口減少や地震などのリスクを回避するために、近年では一部の資産家の方々の投資手段として、金融資産投資に加えて実物資産である海外不動産への投資が行われています。
物価上昇を続ける一部新興国ではキャピタルゲインを狙える可能性がある一方、賃貸需要の高いエリアではインカムゲインを狙い長期的な保有が良い等、国や都市による特性を比較・検討したうえで購入する事も重要になっていきます。

主な海外不動産の目的

キャピタルゲイン
将来の値上がりを期待し不動産を取得します。新興国の経済成長を期待し投資をするか、安定成長先として先進国に投資するか判断がわかれるところです。
インカムゲイン
購入した不動産を賃貸に出し収入を見込みます。不動産の維持コストや借家人とのやり取りなど長期的運営を考える必要があります。購入する物件選びも重要ですが、管理・募集を委託する業者選びも重要です。
リゾート物件
リゾート地での自己利用を目的とした不動産の所有。
自身が利用していない期間はホテルとして運用を委託し、維持費などを賄うホテルコンドが人気です。

 
節税
節税を目的とした不動産取得。なかでも建物価値については、日本よりアメリカの建物の方が高比率で評価されます。日本の居住者(永住者)である限り、アメリカで所有する不動産から生じる経費・利益等は日本国内にて所得税申告が行われるため、日本と比べてかなり高い減価償却費用を計上することが可能なため節税につながります。